Freeの2次元CAD DraftSight

CAD

昔のデータを使えるようにと思ってFreeの2次元CAD「DraftSight」をインストールしてみました。
実は前にもインストールしたことはあったのですが3次元のRhinocerosがメインのためあまり使わなくなっていました。

DraftSightのメリット

DraftSightはAutoCADのフォーマットである.dwgや中間ファイルの.dxfをそのまま使用できるうえAutoCAD同様にマクロやLisp等も使えるためデータ作りの効率化が望めます。
又、dxfを経由させてもカーブのデータが分解されたりしないので3Dプリンターやレーザーカット等、後々データを直接使用する場合に大きなメリットになります。
以前に国産のFreeのCADを使用していた時はRhinoに読込むたびにカーブを引き直す必要があり手間がかかっていましたがそれらが不要になって助かっています。

Freeって大丈夫?

Free(無料)と言うことでたいした物ではないのではないかと思ってしまいますが
提供元はCATIAやSolidWorksのダッソーシステムズです。
AutoCAD陣営としのぎを削るCADベンダーなので恐らく根元の顧客を囲い込むための戦略商品なのでしょう。
Free版の上位として有料のProfessionalを販売しています。
さらにWindows版のみならずMac版やFadoraやUbuntuのLinax向けもあるのが嬉しい所です。

Helpが強力

Helpもしっかりしていてさすが商用CADベンダー製です。
これなら安心して使えます。
それでもわからなければ参考書も売っています。

書籍があるのっていいですね。

3次元のデータも扱える

基本は2次元作図ですが3次元のデータも扱えます。
Rhinoで作ったデータをdxf経由で読込むとこんな感じです。
ワイヤーフレーム
シェーディング
陰線処理
当たり前ですがグルグルと画面上で回すことができます。

ダウンロード

ダウンロードのページはこちらです。
環境にあった物をダウンロードします。
DraftSightのダウンロードページ

インストール時の注意

インストールは管理者として実行する必要があります。
ダウンロードしたファイルの上にカーソルを合わせて右クリック、管理者で実行を選びます。





ここでアクティベーションの画面が出るはずなのですがなぜか今回は出ませんでした。

データを読み込んだ所

昔作った飛行機のデータを読み込んでみました。

ちゃんと3次元で表示されます。
試しに線をZ方向に作図した所、きちんとZ方向の直線が作成されました。

これでFree(無料)です

使ってみるとこれで無料なの?と思ってしまうほど高機能です。
Free(無料)と言うことでお気楽に使えますが機能は満載なのでお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました